お問い合わせ

代表あいさつ

消費者問題ネットワークしずおかは、2005年に設立された県域の消費者団体です。
現在は、県内16団体、70名の個人会員を有しています。
当初は適格消費者団体を目指して設立されました。しかしこちらは諸般の事情により、うまくいきませんでした。

せっかく立ち上げたものだし、ネットしずおかとして何かできないだろうかと色々試行錯誤をした上で、現在では消費者教育、調査研究をふまえた要望書の作成等をメインの事業としています。

消費者教育に関しては、消費生活専門相談員資格取得講座(平成22、23、24、25年に実施)と消費生活相談員入門講座(平成22、23、24年 今年度も開催予定)をいずれも独自にテキストを作成して、実施しています。

対策講座については、静岡県司法書士会の皆さんを中心として、ネットの会員が総力を挙げて取り組んでいます。
結果として既に10数名の合格者を出しており、ぜひ合格者を将来の団体の担い手として養成していきたいと考えています。
また入門講座では、県内各地に赴き、消費者問題について興味・関心をもっていただくとともに、将来的には資格取得や相談員になっていただくことを期待して、推進しています。

調査研究は、2006年と2012年に行いました。
回数は少ないですが、いずれも膨大な調査をもとにした研究を行っており、既存の消費者団体による実態調査よりは高度なものができていると自負しています。

要望書については、現在、パブコメ募集があれば、それに対して意見を述べることを行っています。
意見を述べるというプロセスが、ネット会員にとっては勉強になり、今後も奨励していきたいと思っております。

以上のように、これまで行ってきた中心的な取り組みは、いずれも消費者教育に関わる事業ということになります。
今後も関係機関との適切な緊張関係の中で、団体活動を推進していきたいと考えています。
これまでも多くの人々のご支援をいただいてきましたが、今後もより多くのご支援を賜れれば幸いです。
ぜひ、我々と一緒に活動しませんか。

消費者問題ネットワークしずおか代表
静岡大学教授
色川 卓男

Copyright(c) 2017 Consumer Affairs Network Shizuoka All Rights Reserved.